【自己PRのコツ】モデルオーディションでの自己PRや質疑応答に使える3つのポイント

この記事を書いている人 - WRITER -


スカウトでマギーを見い出し、全国のべ2万人の女の子をオーディション審査した元モデルマネージャー。10年に渡り小学生から大人まで数多くのモデルを育ててきました。 新人モデルの発掘と育成には自信があります! 趣味は家族で行くキャンプ、スノーボード 5歳の女の子の母親です♪ 詳しくはこちら

神崎 瑞枝

モデルになりたい女の子の夢と未来をつなぐ
未来のモデル養成プロジェクト

神崎瑞枝です^^

 

モデルオーディションで面接を受けるとき、あなたはどんな準備をしていますか?

自己PRでしゃべる為の言葉をあらかじめ作文してしゃべる練習をしたりするのかな?

 

「そのままマネすれば、あなたも面接に合格できる鉄板ネタ!」

 

残念ながらそういう魔法の方法は存在しませんが、自己PRにもコツがあります。

今回はそんな面接にそなえて自己PRや質疑応答で使える3つのポイントについてお話したいと思います!

 

ずばり3つのポイントとは?

 

では、いきなり結論を言いますが

 

  1. なぜモデルになりたいのかハッキリさせておく
  2. あなたの魅力は何か心得ておく
  3. 話す雰囲気をチェックされていると思え

 

一見簡単なようで、けっこう難しいんじゃないかと思います。

では、それぞれ説明しますね!

 

1.なぜモデルになりたいのか一度振り返ってハッキリさせておこう

 

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
あなたの「モデルになりたい理由」をデフォルメせず本音で話すことが大切です!

 

本当の気持ちをあらかじめハッキリさせておきましょう。

デフォルメってよく見せようと大げさに表現しちゃう事なんですが、まずみんな「自分の事をよくみせよう」って思うから自己PRに何を言えばいいのかって悩むんだと思います。

審査員はあなたの「見栄」を聞きたいのではなくて「素直な想い」を聞きたいんです。

あなたにはちゃんと「モデルになりたい」と意識したきっかけや日々積み重ねている想いがあるハズです。

それを嘘偽りなく、ストレートに伝えること。

「こんな事言ったら不利?!」と思われるようなエピソードもそれが正直な話であるなら思い切ってアピール!

言ってマズイ事はほぼありません!!

かえって印象的に思われる事だってあります。

 

ちなみによく聞くアピールはこちら!

 

モデルになってみんなを笑顔にしたいんです!

〇〇ちゃんみたいなモデルになりたいんです!

 

というフレーズは軒並みになってしまいます。

 

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
本音でしょうけど、か な り「平凡」になっちゃうんです

 

私も相当な確率で聞いているので、きっと他の審査員もたいがい聞き慣れたフレーズだと思われます。

この手のアピールだと、残念ながら「あ~はいはい」って思われてしまい、あなたの言葉は印象には残りません。

 

もしそれぞれ添削を入れるとしたら…

→「人を笑顔にしたい」ならモデルじゃなくアイドルやタレントを目指した方がその想いは叶えられるんじゃない?って思われます。

→〇〇ちゃんの事はいいから、自分はどうなの?!ってあなたにフォーカス当てて審査員は聞きたいんです。

 

是非、あなたに焦点をあてて自己PRをしましょうね。

 

2.あなたの魅力は何か心得ておこう

 

そして次に

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
あなたの魅力を自分の言葉で言えるようにしておきましょう!

 

自分の魅力は “あなた” が一番理解している事!!!!

 

これ大前提です。

それを審査員に伝えられなかったら、あなたはモデルになって一体どうやって多くの人の関心を寄せようと思ってるのか不明です。あなた以上に誰も分かる人は存在しません。

という、割と本質的な大事なアピールポイントになります。

これまでの経験や内面的なこと、外見的なことであなたの「何」に魅力があるのかじっくり考えてみましょう^^

 

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
外見に自信あったら堂々と言っちゃっていいのよ!
そこ恥ずかしがってちゃダメ!

 

3.話す姿や雰囲気をチェックされていると思え!

 

で、話す内容を考えましょう!ってここまで説明しておいて3番目にひっくり返します…(笑)

 

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
何をしゃべるか?じゃなくて、どうしゃべっているか?!ここを見られています!

 

もちろん、上記2つのポイント(なぜモデルになりたいのか?自分の魅力は何か?)でアピールするのが前提ですが…

実は、審査員って話の内容よりあなたの「話す姿」をフムフムと思いながらチェックしています。

あなたの喋っている雰囲気を審査しているといっても過言ではありません。

そういう理由もあってモデルオーディションの七不思議で、すごく「平凡」なアピールをしてもなぜか審査に合格してしまう事もあります。

 

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
それはトークのスキルはモデルにそこまで必要とされていないから!

 

もちろん話は上手いに越した事はないですが「上手くなくても、まぁそんなもん!」って審査員は思っていますので、面接のほとんどは話している雰囲気・表情・立ち居振る舞いの方をチェックされていると思っておいた方がいいですね。

ですので、話す内容は上記の2つのポイントをおさえつつ

3つ目は…

あなたの話す姿が自然体でさらにどう話したら魅力的に見えるか?

その研究に尽きると思います!

 

モデルオーディション自己PRの3つのポイント・まとめ

 

  1. なぜモデルになりたいのかハッキリさせておく
  2. あなたの魅力は何か心得ておく
  3. 話す雰囲気をチェックされていると思え

 

でしたね!

今回はめっちゃくちゃ大事な事をお伝えしました。

では、実際あなたの場合はどうなのか?!

これを読んで「ふ~ん、いい事聞いた!」レベルで終わるのか試しにやってみるのかで、力の付き具合はかなり変わってきます。

自己PRや質疑応答は実際に自分でしゃべってみない事には上手くなりようがありません。

頭の中で何度リハーサルしても、実際に口を使ってしゃべるのは大違いです。

鏡の前でちゃんと立って話す練習したり、ビデオに撮って何度も話している姿を見て研究したりすると、より本番ではリラックスしてアピールできるようになりますね!

 

神崎 瑞枝
かんざきみずえ
あっ、その前に自分自身の事を深~く分析も必要です!

 

自分の事を知らずして何も語れませんね^^

そして今お伝えしたポイントや練習方法・・・

やるか、やらないかはあなた次第です!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

スカウトでマギーを見い出し、全国のべ2万人の女の子をオーディション審査した元モデルマネージャーです! 10年に渡り小学生から大人まで数多くのモデルを育ててきました。 新人モデルの発掘と育成には自信があります! 趣味は家族で行くキャンプ、スノーボード 5歳の女の子の母親です♪